愛の不時着
PR

愛の不時着【最終回】号泣あらすじ!ラストは納得いかないって本当?

愛の不時着 最終回
Nami
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

愛の不時着の最終回の号泣ネタバレあらすじが気になるという方多いのではないでしょうか。

すでにドラマを見てラストが納得いかないという方もいらっしゃいますよね。

今回は

  • 愛の不時着最終回号泣あらすじ!
  • 愛の不時着を見た人が納得いかないラストの感想を調査

こちらについてお届けいたします!

なんで納得いかないのか、いろいろと調べてみたよ!

【愛の不時着】最終回号泣あらすじ!

ヒョンビン演じる北朝鮮のエリート軍人イ・ジョンヒョクとソン・イェジン演じる韓国の財閥令嬢ユン・セリが出会い、繰り広げられていくラブストーリー。

本来出会ってはいけないふたりが困難を乗り越えていく姿は、号泣ですよね・・・!

そんな『愛の不時着』の最終回ネタバレ4つはこちらです!

  1. ジョンヒョクが北朝鮮に帰還する
  2. セリは奨学金財団を発足する
  3. 2年後ジョンヒョクとセリはスイスで再会
  4. ジョンヒョクとセリは結婚せず年に1回会う人生を選ぶ

今回はジョンヒョクとセリに重きを置いて、一緒に見ていきましょう!

【愛の不時着】最終回あらすじ①ジョンヒョクが北朝鮮に帰還する

敗血症を患っていたセリが目を覚ますと、セリの母ジョンヨンはジョンヒョクが今から北朝鮮に送還されることが決まったと伝えます。

北朝鮮に送還されるということはもう二度と会えないかもしれない、会えない可能性の方が高いということですよね。

セリは、別れの挨拶は済んでいると言い、ジョンヒョクが北朝鮮に戻れて良かったと受け入れます。

しかし、ジョンヨンからジョンヒョクは食事もせず、眠りもせず、ずっとセリのそばにいたことを聞くと、セリはジョンヒョクに会いに行かせてほしいとお願いをしました。

ここからは、このドラマで1番の名シーンといっても過言ではないですよね・・・!

韓国と北朝鮮の国境にある軍事境界線を渡り、ジョンヒョクが北朝鮮にちょうど戻ったところに、セリが到着します。

泣きながら駆けていくセリと、そんなセリのために思わず軍事境界線をもう一度勝手に渡るジョンヒョク。

ここで両国ともジョンヒョクに銃を向けた瞬間、その厳しさを実感しました。

セリは韓国に残ってほしいとお願いしますが、ジョンヒョクは会いたいと強く願えばまた会えると言い、ジョンヒョクは北朝鮮に帰っていきます

見ている私たちもこのまま一生会えないのかなという不安もあり、涙なしでは見れません・・・。

ジョンヒョクはもちろんだけど、一緒に帰っていく5人の部下の姿にも、涙が止まらないよ・・・

【愛の不時着】最終回あらすじ②セリは奨学財団を発足する

ジョンヒョクと離れてからのセリは、恵まれない子どもたちがクラシック音楽を学べるように、奨学財団を発足します。

そして、この事業を兄のセジュンに託すことにしました。

この奨学財団では、世界中にいる音楽の天才たちが集まるスイスの大学に行けるよう計画をしています。

セリはジョンヒョクにもう一度会えるようにと、何とか試行錯誤しているんですよね!

しかし、1年後支援事業を通してセリはスイスを訪れますが、ジョンヒョクには会えません。

落胆して帰ってくるセリを見て、望みがない中で行き続けることを母のジョンヨンに言及されます。

そんなジョンヨンにセリは、ジョンヒョクはどこに私がいても見つけてくれると話しました。

厳しい環境なのに信じあっている姿には感動・・・

今では、家族との関係も良好になったセリ。

母のジョンヨンも最終的には応援してくれることになって、心強そうでしたね!

【愛の不時着】最終回あらすじ③2年後ジョンヒョクとセリはスイスで再会

さらに1年後、スイスを訪れたセリはジョンヒョクを探します。

公園でピアノを弾いている青年がジョンヒョクに見えましたが・・・ジョンヒョクではありません。

ジョンヒョクかと思った人が違う人だと分かった瞬間の悲しそうな表情に、一切連絡も取れない中で思い続けることの凄さと辛さを感じました。

ジョンヒョクには会えぬまま、パラグライダーをしていたセリは着陸に失敗します。

そして、ちょうど着陸をしたところに、なんとジョンヒョクがいるんですよね。

2年というのは非常に長い期間ですが、いつか会えると信じていたふたりは再会することができました!

再会できてほっとしたし、これからもふたりが幸せでいてほしいと全視聴者が願った瞬間だよね!

【愛の不時着】最終回あらすじ④ジョンヒョクとセリは結婚せず年に1回会う人生を選ぶ

スイスでの再会を果たしたふたり。

その後はスイスに移住をして結婚するのかなと思った方も多いでしょう。

しかし、ふたりは自分たちのそれぞれの国での生活を捨てることなく、1年に1度だけ2週間スイスで会うという人生を選択しました。

実はこの結末に、もやっとしたという視聴者も多かったようですよね。

1年で2週間だけというのはとても短い期間で、それ以外は一切連絡を取ることすらできないふたり。

確かに一見寂しそうで、もっと他の選択肢もあったのでは?という気持ちもありますね。

しかし、スイスの美しい景色の中、お互いに会えることを本当に嬉しそうにしている姿を見ていると、これがふたりにとってハッピーエンドだったのだろうと思いました。

何度見ても素晴らしいドラマだよね!名作だ!

【愛の不時着】最終回の感想は納得いかない?

多くの人を虜にしたドラマ『愛の不時着』。

感動のラストに全員が納得!と思いきや、期待したラストと違ったという声も実は多いんですよね。

なぜ納得いかないのか調査をしてみたところ、このような声が多かったです。

「結婚してほしかった」

「ジョンヒョクとセリと子どものカットが見たかった」

「病気とかでスイスに行けなくなったら会えなくなってしまうってこと?」

「もっとフィクションっぽく、ふたりで移住するとかはできなかったのかな」

その感想を見て、確かに!と思ってしまう部分もありました・・・。

韓国と北朝鮮では連絡を取ることはできないので、お互いに何かあったら会えなくなってしまいますよね。

それは悲しすぎますし、ジョンヒョクとセリの幸せを願うからこその感想だと思いました!

また、『愛の不時着』だけでなく、韓国と北朝鮮が絡むドラマや映画はサッドエンドになっていることも多いと思いませんか?

やはり韓国と北朝鮮の関係を描くときに、フィクションであっても全部丸く収まってハッピーエンド!というのは難しいのかなと感じます。

日本で暮らしているとあまり実感がわかないですが、今でも休戦中であり、兵役もあるということを考えると、とても難しい部分なのでしょう・・・。

そう考えると、1年にたった1度、2週間だけであっても、ドラマの中でセリが言うように1年で1番幸せな2週間があるのであれば、すごく幸せなことなのではないかと思えます♡

【愛の不時着】最終回あらすじまとめ

愛の不時着【最終回】号泣あらすじ!ラストは納得いかないって本当?についてお届けしてまいりました。

  • 愛の不時着最終回号泣あらすじはハッピーエンド!
  • 結婚などを期待した人からはラストが納得いかないとの感想があった

とのことでした。

error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました